2014年2月5日水曜日

【アクア】 このままでは危険すぎるっ!(ニュータイプの直感編)


 BPリアクターを作動させて、1ヶ月余りが過ぎます。

 なんとなく、水槽の変化を感じています。
いや、肌で感じるというか、匂うというか。。



・・・ おかしい。。(゚⊿゚)

 


 やっぱりBPリアクターを作動させて1週間くらいで気がついていた、コレが原因か。


スキマーの泡がまったく立ちません。


 はじめのうちは、バイオペレットのバクテリアが脱窒に加えて、水中でアンモニア→硝酸までの嫌気濾過もやってくれているのかな~と様子を見ていました。
だけど、ここ2~3日で確信しました。
水中のチリ・ゴミは多いし、LPSが少し調子悪くなっています。



プロテインスキマーが単なるエアポンプとなっているよ。



 原因は『お手製』だからなのか、それとも、水流とペレットの量が悪いのか。
分からないので、グーグル先生に聞いてみました。


すると、どうやら、安いからと飛びついたペレットが原因みたいです。
LSS社のPhso balls (フォスボール) これを使って、スキマーの泡が立たなくなった記事がいくつか見つかりました。

私の水槽・スキマー(H&S-A 400) も泡がまったく立たなくなりました。

幸い、違うペレットを使ったら泡が立ったと口を揃えて書かれているので、私も変更してみようと思います。それまでは、お手製BPリアクターは撤去。





そして、調子を崩したサンゴ達の為に、急遽水道水で80リットル水換え。


 せっかくRO水でリン酸を気にしていたのに、背に腹は変えられません。

このまえ入れたお試しミドリイシ、ダメかもな。
でも白化しちゃっても、お試しので済んでよかったかも。。

次はもう少し強そうな、エダコモンをチョイスしようかしら。


つづく

piro

0 件のコメント:

コメントを投稿