2013年8月22日木曜日

道草をくう。

Nikon D800 / Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZF.2


 こんばんわ。
いや、仕事忙しいんですよ。まいいや。


僕はF2.8の絞りが好きで、ピントとボケの具合が丁度良いと思っています。
もう少し引いて撮るときには、F5.6が良い塩梅だと思ってます。

ま、しいてこの写真で言うならば、


もっと絞れ。




これくらい引いてると、2.8が絶妙。

Nikon D800 / Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZF.2 露出-0.1


ね。( *´ω`)
マイナス補正 神だな。

上記2枚はクロップなし。





では接写して、マクロ領域を覗いてみましょう。



Nikon D800 / Carl Zeiss Makro Planar T* 2/50 ZF.2
 
 
  花粉がね。見えますね。ちなみにデータ。
 
絞り値: f/2.8
シャッタースピード: 1/1250秒
露出モード: 絞り優先オート
露出補正: 0段
露出調節:
測光モード: マルチパターン測光
ISO感度設定: オート (ISO 100)
 
感度400くらいにして、f5.6くらいに絞ってもよかったかもです。
 
 
 ニコンは手振れ補正(VR)はレンズ依存なので、VR機能付きのレンズでないと手振れ補正が効きません。
今回使ったレンズは手振れ補正なしなんですが、
ってか単焦点には手振れ補正ない。
 
シャッタースピードが稼げれば、手振れしないで撮れるものですね。
 
D800は高画素ゆえ、手振れにシビアと言われています。
だけども今のところそんな感じはしません。
 
 
ってゆうか、決めの撮影では三脚使いますよ。(-ω-;)
三脚置いて、ライブビューで拡大してMFでレリーズですよ奥さん。
だけどそれだと常に動くものにはお手上げ。
だから昆虫マクロとかは、望遠マクロ手振れ補正付きってのが良いんでしょうね。
 
 
今日は2枚目が絶妙でした。
 
 
明日は何が撮れるでしょうか。
忙しそうだから無理かな。明日は。
10分でいいから、道草食いたいんだけど。



piro

0 件のコメント:

コメントを投稿