2013年6月28日金曜日

現象には必ず原因がある。

OLYMPUS XZ-1
 
 こんばんわ。(´ー`*)
 
今日は空が綺麗でした。
なぜでしょう。それは梅雨の中休みだから。
 
 
上空ではシベリア気団と小笠原気団が、せめぎ合いをしています。
結果的にはいずれ必ず小笠原気団が勝つのですが。
今日のこの雲はおおよそ北西→南東へ流れていたので、日本の北側に高気圧があったはずです。
冷たい空気が暖かい空気に流れ込むと、上昇気流が生まれ積雲ができます。画像は積雲が出来る前段階って感じに見えます。いわし雲もこの仲間です。
 
 
こういった空気の対流が出来るのは、上空で空気の入れ換えが起こっているからなんですね。
 
まぁ、いわゆる梅雨という事です。
 
 
こういう自然現象を知ってみると、また違った一面から自然を見れます。
出来るべくして出来た空模様。
10月の秋の長雨の時期も同じです。暖かい気団に冷たい気団が入り込んで来るから。
 
その辺は気候学なんですが、面白かったです。
大学で好きな教科の一つでした(自然地理)。
人文地理は好きじゃなかった。寝てばかりでした(笑)。
 
 
地形や地殻の話も面白いのですが。
ま、それはまたそういう写真が撮れたときに話してみようと思います。
 
 
あぁ、、えっと、、、オリンパスブルーが綺麗でしょ!
 
 
piro

 


0 件のコメント:

コメントを投稿